NEWS
July 07.2017

【レポート】「四方良し」の会社のつくり方トークセッション/イノベーション・キュレーター塾説明会

2015年に京都市ソーシャルイノベーション研究所(SILK)の立ち上げと共に、イノベーション・キュレーター塾がスタートし、現在までに31名の実践者を輩出してきました。

現在、第3期塾生の募集中です!

2017年7月7日、イノベーション・キュレーター塾の説明会を兼ねて、塾長を務める髙津玉枝さんと、塾の第1期生であり自らも経営を通して社会を変える実践をおこなっている斎藤三映子さんとのトークセッションを開催しました。

こちらのトークセッションは開催1週間以上も前に申し込み定員となり募集を締切り。

当日は開始直前にスコールのような雨が降っていたにも関わらず多くの方にお越し頂き、会場は満席となりました!

私、田中もSILKのコーディネーターとして、また第1期の塾生として参加していましたので、当日の様子をご紹介します!

イノベーション・キュレーター塾の申し込みはこちらから。

【レポート】「四方良し」の会社のつくり方トークセッション/イノベーション・キュレーター塾説明会

最初は一般社団法人ムーンライト代表理事であり、イノベーション・キュレーター塾1期生である斎藤三映子さんから現在取り組んでいる事業の内容をお伺いしました。

0707-2

斎藤さんは「食」のプロデュースに関して高い専門性を持っており、複数の公的機関でアドバイザーを歴任、農商工連携や飲食店の経営支援をしています。その専門性を活かし、ひきこもりなどの原因によって就労困難になっている若者が働けるようになるようにサポートする一般社団法人ムーンライトを運営しています。

ムーンライトでは、様々な試行錯誤を繰り返しながら「若者に寄り添う就労支援プログラム」を組み立てています。なんとこの就労支援プログラムを受けた卒業生の就職率は90パーセント。斎藤さんは自らの専門性を活かしながら、多くの若者に自分らしく働ける機会を提供しています。

0707-3

続いて、株式会社福市の代表取締役であり、イノベーション・キュレーター塾の塾長を務める髙津玉枝さんからフェアトレード事業、イノベーション・キュレーター塾の取り組みについてお話がありました。
髙津塾長からは、世界中のフェアトレード商品を集めたセレクトショップ「Love&sense」の話をはじめ、遠く離れたラナプラザで起きた事故と私達の暮らしとのつながり、自分一人だけで影響を与えていくのではなく消費や流通の在り方の変革を目指していることなどを話して頂きました。
そして、イノベーション・キュレーター塾を通して伝えていきたい想いについては、参加者のみなさんもメモを取りながら真剣な表情で聞き入っていました。

0707-4

その後は斎藤さんと髙津塾長のトークセッション。話題は斎藤さんがイノベーション・キュレーター塾で学んだことなどが中心になりました。
事業の説明であったように、驚くような成果を出している就労支援プログラムですが、塾に参加した当時は自分が取り組んでいることをうまく説明できなかったそうです。塾で様々なゲストの話を聞いて、言葉で伝えていくことの重要さを感じ、仲間との対話を通じてマイプロジェクトを磨いていきました。
「塾が大切にしているのは、社会課題を俯瞰して本質をつかむということ。」
「目先の解決策に飛びつくのではなく、自分が見ている未来から逆算して打ち手を考えていくこと。」
斎藤さんの話を聞いていて、そのような言葉が繰り返し出ていたのが印象的でした。

0707-5

第二部は塾の1期生3人も加わり、それぞれの立場から塾での気づきやその後の具体的なアクションについてお話しました。

中小企業診断士の阪本さんは、塾に通っていたときは企業内部から働き方についていろいろな変革に取り組み、塾にフィードバックしながらチャレンジを繰り返していました。いまはコンサルティング会社で中小企業診断士として新たな取り組みにチャレンジしています。

満島さんは京都信用金庫の職員として塾に参加。最初はモヤモヤなどなく参加していたのですが、ゲストの話を聞くにつれ、塾に対する姿勢も大きく変わっていきました。現在は、若手社員向けの研修プログラムをつくることになったそうで、そこには塾で学んだ視点を盛り込んでいきます。

私(田中)も「おもしろい人たちが集まりそう」という気軽な気持ちで参加したのですが、塾を通じて税理士・中小企業診断士のスキルを誰のために活かしていくのか、という部分が明確になり、自分の中にしっかりとした軸ができたと感じています。

0707-6

参加者からもたくさんの質問をいただき、皆さん塾生の具体的な取り組みについて熱心に耳を傾けていました。
終了後も、多くの方が塾長と個別にお話をしていましたが、参加者同士でもたくさん話をしていて、初対面でも話が盛り上がっていた様子。「四方よし」のテーマに関心のある皆さん同士、とてもいい雰囲気の場ができていました!

イノベーション・キュレーター塾第3期生の応募締め切りは7月31日です。
説明会に出席できなかったけれど応募を検討されている方は、ご質問等があればSILKまでお気軽にお問合せください!

モヤモヤがある人も、なんとなくおもしろそうと感じた人も、多くのみなさまのご応募お待ちしています!

イノベーション・キュレーター塾の申し込みはこちらから。


    SOCIAL NETWORK

    SILKのソーシャルアカウント

    • イノベーション・キュレーター塾
    • これからの1000年を紡ぐ企業認定
    • KYOTO SOCIAL PRODUCT MAP

    SOCIAL RANKING

    いま読まれている記事

      Sorry. No data so far.