INTERVIEW
Dec 27.2022

中西純枝さん ー イノベーション・キュレーター塾生インタビュー(第7期生)

イノベーション・キュレータ塾は、”四方よし”ビジネスの伴走者を育てる塾、社会課題を生まない社会をつくるためにできること

2022年7月に第7期として卒塾された方のインタビューを通して、塾の魅力と塾生の卒塾後の取組をお伝えしています。管理栄養士で元カフェ経営、現在は奈良で「Su-balance(スーバランス)」という食品ブランド立ち上げられている中西純枝さんにお聞きしました。

中西さんの当初の入塾理由は、事業のため、人脈を広げることでしたが、塾期間中を通して、これまで全く想像したことのなかった未来に気づいたという中西さん。どんな未来のために行動していくことになったのでしょうか?インタービューをご覧ください。

中西純枝さん ー イノベーション・キュレーター塾生インタビュー(第7期生)

Q: なぜ,イノベーション・キュレーター塾に参加しようと思われたのですか?

~事業のために人脈をつくりたいというのが参加動機~

中西: 高津塾長とは、もともと「よこの会」という働く女性の団体に所属していた時にご一緒したことがあり、ずっと前から知り合いでした。この塾もおすすめされていました。子どもも大きくなり、やっと自分自身に目が向けられるようになり、自分の道を歩んでいきたいと思い、行動してきたのがここ1,2年です。在住の奈良にも信頼できる人との繋がりができ、そろそろ奈良県外にも行動範囲を広げたいと思っていたタイミングで、この塾でたくさんの方と交流し、人脈を広げていきたいなと思って参加しました。

Q: 塾期間中に,取り組まれたマイプロジェクトはどんなことでしたか?そこに込められた思いは?

~「昭和的価値観から令和の時代、そして人生100年時代、生き抜く女性を引き出したい。」~

中西: 私自身、思い返してみると、女性だから、妻だから、母だからと「昭和な子育て」で育ち、「自由」という選択を自然と諦めていました。令和の時代に入りこれからの時代は、昭和的価値観に縛られることなく、やりたいことをやりながら、自分の可能性を探り、経験を積んでいける時代だと思います。私自身は事業を通じて、人それぞれの可能性を引き出すことが出来ると実感しています。人生100年時代を生き抜く人を増やしたいのです。塾長に視座をあげるようにと言われたことが常に頭に残っていまして、かなり大きなことを言ってしまっていますが(笑)。

Q: 塾期間中に、当初想定していたマイプロジェクトは変化しましたか?

~「視座を高める」を常に意識しはじめた~

中西: 入塾当初は、自分が現在行っている食品製造販売の事業のことしか考えていませんでした。受講する中で、なぜこの仕事をしているのか、今の自分がどうしてこの場にあるのかを、自分の生い立ちを辿って探っていくと、深いところにあった自分の想いに気付くことが出来ました。何度も塾長に言われたことは「視座を高める」ということ。おかげさまで、卒塾の時には全く自分が想像していなかった未来を想像するようになりました。

Q: 卒塾後数ヶ月経ちました。今の取組について教えて下さい。

中西: 奈良県は専業主婦率全国1位なんですね。地域の女性の就業を増やしたいと思っています。最近、結婚後30年以上専業主婦だった方に、私の事業で働いてもらうようになったんですが、働くようになってから体調も良くなり、家庭の雰囲気も良くなったということです。
ほかにも、私と同じ栄養士の資格を持っている方なのですが、資格を活用して働くことが出来ていない方がおられました。今、その方は私と一緒に働いていただいており、子育てをしながら栄養士として、将来性を感じて働くことができる、と前向きに働いてくれています。

昭和的な価値観で育てられた女性に、令和の時代の可能性や自分本来の可能性を知ってもらい、一人でも多くの女性の力を引き出していければ良いなと思っています。仕事で出会う方々と、今までにない物、価値やサービスを一緒に作り上げていくことで形になったりするタイミングがあります。それができるのは、令和の時代だからこそと実感しています。

Q: これからどんな未来を実現したいと思っていますか?

~思いっきり自分の人生を楽しむ人を増やす~

中西: 思いっきり自分の人生を楽しむ人を増やしていきたいですね。自分の可能性をどんどん引き出せることが出来ること、人生100年時代なので健康寿命を延ばしながら、楽しかったと思える人生を生き抜く人をたくさんつくっていきたいです。

Q: オンライン開催のセミナー等が増えている中、塾は対面での開催でした。対面だからこそ得られるものは何でしょう?

中西: 机を並べて話をしたり、移動したりする行動から学生に戻ったような感覚になりました。オンラインではなかなか自分が出せないように思います。対面の方が、素の自分を出しやすかったと思います。学びは大きく深かったです。

チームプロジェクトでのお茶の会

チームプロジェクトでの課外活動

Q: 中西さんの考える塾の魅力って何ですか?

中西: これほど塾生のみんなで悩んで、恥ずかしい発表もし、自分の中にあるものを振り絞って出来たことは大人になるとなかなかない経験だとも思います。応援しあえる仲間が出来たということが一番の魅力だと思います。

Q: どんな人にイノベーション・キュレーター塾の受講を勧めたいですか?

中西: 人脈を作りたい人、何かをやってみたいチャレンジ精神旺盛の人、この先の人生の答えがわからない人、今の現状に満足できない人には、是非おすすめします。

―――――

塾期間中、積極的に塾生同士での活動にも取り組まれていた中西さん。中西さん自身もチャレンジ精神旺盛の方です。自分の事業のフィールドを活かして「思いっきり自分の人生を楽しむ人を増やす」ことに、ますます精力的に取り組まれています。これからも応援しています!お話しいただき、ありがとうございました。

――
終了した第7期イノベーション・キュレーター塾についてはこちら

その他の卒塾生インタビューはこちらから


photo:中西 純枝
中西 純枝
Su-balance 代表
https://www.su-balance.com/
管理栄養士
イノベーション・キュレーター塾7期生

SOCIAL NETWORK

SILKのソーシャルアカウント

  • これからの1000年を紡ぐ企業認定
  • 京の企業「働き方改革チャレンジプログラム」
  • イノベーション・キュレーター塾
  • KYOTO SOCIAL PRODUCT MAP