NEWS
December 12.2015

MAKING OUR MARKET KYOTO 2016 〜みんなのマーケットを考える2週間〜

1月16日から1月31日の期間、以下イベントを開催いたします。これからの消費者市民社会や、大きな変化が求められる現在の経済とこれからについて、ソーシャルプロダクトMAP掲載の事業者と一緒に考えていく”2週間です。

MAKING OUR MARKET KYOTO 2016     〜みんなのマーケットを考える2週間〜

MAKING OUR MARKET KYOTO 2016

〜みんなのマーケットを考える2週間〜

あなたの“ お買い物” が、誰かの困りごとを解決し、健やかな未来に繋がることを知っていますか?健全な製品やその成り立ち、原材料が商品になって手元に届くまでの「サプライチェーン」の誠実さなどについて、みんなで考える2 週間。
京都市内をキャンパスとしてこれからの“ 消費” について考えませんか?

2016 .1.16 [sat] → 1. 31 [sun]

主催|京都市
企画・運営|京都市ソーシャルイノベーション研究所(SILK)特定非営利活動法人コンシューマーズ京都(京都消団連)
お問合せ|NPO法人コンシューマーズ京都 Tel:075-251-1001

※各イベントの詳細は主催する事業者までお問い合わせください。イベントにより、開催日時や有料無料等は異なります。

チラシ
Making_New_Market_kyoto_2016

京都市 広報資料(12月18日)
http://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000191816.html

 

KICK OFF SESSION
1.16 sat. 18:00-
会場:KYOCA 3F HACOBA

「MAKING OUR MARKET KYOTO 2016」と題してはじまるみんなが望む市場(マーケット)の在り方をみんなでともに考える2週間のはじまりとして、エシカル・ペネロープ株式会社代表の原田さとみさんと京都市ソーシャルイノベーション研究所所長の大室悦賀さん、桜井肖典さんをお招きし、消費者市民社会や、大きな変化が求められる現在の経済とこれからの景色を話し合います。

セッション(18:00~20:00)参加費:無料
交流会(20:00~21:00)参加費:2000円(軽食・1ドリンク)※要予約
会場:KYOCA 3F HACOBA

 

CLOSING SESSION
1.31 sun. 17:30-

期間中にそれぞれのイベントで生まれた気付きをご報告。この2週
間で携わった事業者やイベントの参加者、そして当日集まる皆さん
とともに「みんなのマーケット」を一緒に考えるセッションを開催。
交流会では大きなテーブルを一同に囲み語らいます。テーブルを
彩る料理は、地域の食材を物語とともに収穫する新しい情報誌「食
べる通信」をはじめた「奈良 食べる通信」の皆さんです。
ファシリテーター:前田展広、桜井肖典(SILK)

セッション(17:30~19:00)参加費:無料
交流会(19:00~21:00) 参加費: 2000 円( 軽食・1 ドリンク)※要予約
会場:KYOCA 3F HACOBA

 

参加申込ページはこちら

主催:京都市
企画・運営:京都市ソーシャルイノベーション研究所(SILK)、
特定非営利活動法人コンシューマーズ京都(京都消団連)
協力:KYOCA

 

DEMOCRATIC MARKET

~「僕らの市場経済」への対話~

既存の価値観に捉われることなく、自由な精神と自らの創造性によって能動的にあらたなマーケットを生み出していこうとする実践者8名を招いて、市場経済の可能性と望む世界のつくり方について対話の時間をはじめます。

企画・聞き手:
桜井 肖典(SILK コミュニティ・オーガナイザー/一般社団法人オープン・ガーデン代表)

TICKET
1DAY Pass・・・・・・・・・・・¥2000
3DAY Pass(17,30,31) ・・・¥5000

申込はこちら

主催:一般社団法人オープン・ガーデン

1.17 sun.  ”たべるを作る”

13:00
Inspiration Movie



vt5WaWfJxvFc2pWb0SvFwMI4lpPSqNvHjXLprncgesk

映画|エディブル・シティ

〈STORY〉
場所はサンフランシスコ、バークレー、オークランドの3都市。経済格差の広がる社会状況を背景に、新鮮で安全な食を入手するのが困難な都市で、市民自らが健康で栄養価の高い食べ物を手に入れるシステムを取り戻そうとさまざまな活動が生まれて行く。そして、一人
一人の活動がコミュニティを動かす力となり、社会に変化をもたらす。卓越した草の根運動のプロセスを実感できるドキュメンタリーフィルム。

14:30 –
Talk Session

鈴木栄里さん |映画『エディブル・シティ』翻訳者
西村和代さん |一般社団法人 エディブル・スクールヤード・ジャパン共同代表

16:00-
Talk Session
西川亮さん |NPO法人Co.to.hana代表

1.30 sat. “価値が届くをつくる”

13:00 –
Inspiration Movie
TCposter

映画|ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~

〈STORY〉
華やかなファッション業界の裏側 知られざる真実とは? 2013 年4月に、バングラデシュ・ダッカのラナ・プラザという縫製工場が倒壊(ダッカ近郊ビル崩落事故)し、1,100 人以上の死者、負傷者2,500人以上の大惨事となった。この事故をきっかけに、アンドリュー・モーガン監督がファッション業界の裏側に迫った映画が完成させました。

15:00-
Talk Session

関根健次さん  | ユナイテッドピープル株式会社代表

17:00-
Talk Session
堀部篤史さん |誠光社 店主

19:00-
Talk Session
兼松佳宏さんとの対話 |greenz.jp 元編集長

1.31 sun. ”望む市場をつくる”

13:00-
Talk Session
中山晴奈さん| NPO法人 FOOD DESIGNERS NETWORK 代表

15:00-
Talk Session
黒崎輝男さん| 流石創造集団株式会社代表

場所 KYOCA  3F HACOBA

 

Inspiration Event
1.19 tue. 

19:00 –
トーク    STUDYHALL!「勉強空間と図書館!」

兼松佳宏さん |「everyone’s STUDYHALL!」発起者
ゲスト /礒井純充さん「 まちライブラリー」提唱者
是住久美子さん 京都府立図書館

参加費:VIP席3000円/ S席2000円
場所:KYOCA2F 212
申込はこちらから

img-map
京都市ソーシャルプロダクトマーケット

1.16 sat ・17 sun ・ 30 sat ・ 31 sun
会場:KYOCA 2F 212

ソーシャルプロダクトMAPとは「より良い社会づくり」への消費参加を可能にする商品やサービスを紹介したもの。京都市内掲載先店舗の一部のプロダクトや、サービスにまつわる情報を常設展示し事業者紹介スペースとして開設します。

主催:ソーシャルプロダクトを普及させる会

 

12333641_10204806387734831_212063037_o
リユース食器の可能性 ~木の器が拓く新たな一歩~
お祭りやイベントで広がっている何度も洗って繰り返し使用するリユース食器。現在樹脂製のものが使われていますが、シーンによってはストーリーを持った木の器の方が似合う場面が多々あります。木の器にまつわるトークと食事を一緒に楽しみませんか?
日時:1 月19日( 火)19:00~21:00

参加費:1000 円( 軽食付き)  * 要予約 / 定員20 名
協力:株式会社Hibana
場所:京都三条ラジオカフェ
参加申込はこちらから
お問合せ:075-205-1433

主催:NPO法人地域環境デザイン研究所ecotone
共催:株式会社Hibana

写真 (46)
オーガニックタオルを洗おう
~より豊かで、より上質なタオル生活を~
気持よく長く使い続けて頂くための洗濯方法を実際にタオルソムリエがSTORE にある洗濯機で洗いながらお話をさせて頂きます。

日時:1 月23日(土) 10:00~11:00
参加費:無料  * 要予約 / 定員20 名

種からつくるタオルのお話。
オーガニックコットンってなあに?

4才~12才までのお子様向けのイベントです。(お子様へタオルハンカチプレゼント付き)実際にコットンを触って頂き種~タオルになるまでの道のりをお子様と共に楽しく辿って頂けます。

日時:1 月30日( 土) 9:30~10:30
参加費:無料  * 要予約 / 定員30 名
場所:株式会社IKEUCHI ORGANIC KYOTO STORE(中京区富小路通三条上る福長町101番地 SACRA ANNEX 1F)
参加申込 TEL:075-251-1017 MAIL:masuda@ikeuchi.org

主催:株式会社IKEUCHI ORGANIC

12309706_741624825973044_5201895080648429541_o

ガイドツアー ~京都は森に囲まれた街、場の変遷を辿る~

京都の庭と森を歩く
今から50 年以上前、京都のまわりに広がっている森は、人々の生活環境の一部でした。その森は、今はどんな場所になっているのでしょうか。世界遺産にもなっていて、500 年以上前に造られた銀閣寺の庭園を散策して、大文字山を火床まで登り、場の変遷を辿ります。
日時:1 月16日( 土)10:00 ~15:30

場所:銀閣寺~大文字山(集合場所・銀閣寺山門前)
※十分に暖かい格好でお越しください。山道をしっかりと歩きます。

参加費:5000円( 銀閣寺の参観料込み・昼食代は別途)

京都の寺と森を歩く
今から50 年以上前、京都のまわりに広がっている森は、人々の生活環境の一部でした。その森は、今はどんな場所になっているのでしょうか。樹齢が約800才の大きな楠と対面し、知恩院と清水寺の境内も歩きます。
日時:1月17日(日)9:00 ~14:30

場所:地下鉄東山駅(集合場所)~知恩院 ~ 清水山 ~ 清水寺
※十分に暖かい格好でお越しください。山道をしっかりと歩きます。
参加費:5000円(清水寺の参観料込み) * 要予約 / 定員10名

参加申込 三浦 豊のHP から

主催:森の案内人 三浦豊

スクリーンショット(2015-12-20 9.33.17)

京都オーガニックマーケット
自分たちが食べているものは、誰がどこでどのように作っているのか。知ることでより「食べる」ことの大切さを感じ、考えて選択するということを生活に取り入れることができます。都会の真ん中で新鮮なお野菜と出会う。顔の見えるお買い物をお楽しみください。

日時:1 月16 日(土)10:00 ~ 16:00
場所:新風館1F (中京区烏丸通姉小路下ル場之町586-2
お問合せ:075-251-2101
※京都オーガニックマーケットは毎月第三土曜日開催

主催:パタゴニア 京都

スクリーンショット(2015-12-20 9.34.03)

紫野1200年の地域に求められるソーシャルイノベーション
DESIGN WEEK KYOTO ゐゑ 2016」とは、一週間の期間限定で京都の多様な取り組みをオープンし、世界中の多様な人と交流する中で新たなイノベーションを創発する場。プレイベントとして、京都のモノづくりが脈々と受け継がれる紫野地域を掘り下げ、地域に求められているイノベーションは何かを考えます。

日時: 1 月28日(木)18:30~21:00
場所:COS KYOTO STORE 1 F (北区紫野上柏野町10-1 )
参加費: 無料 * 要予約
参加申込: HP から

主催:Design Week Kyoto 実行委員会

DSCN8506
炭火を愛でる
~能登の炭焼き職人が開発した火鉢hahaso体験~
能登の炭焼き職人・大野さんがクヌギの木を植え、8 年かけて大切に育て、昔ながらの手仕事で焼いた炭と、地元の仲間とともに開発した新しい火鉢hahaso のご提案。炭火で沸かしたお茶を飲みながら、火のある暮らしとエネルギーについて、ほんの少し考えてみませんか。
協力:大野製炭工場 / 鍵主工業 / まるやま組

日時:1 月17 日(日)
13:00~14:00 / 14:00~15:00
参加費:500 円 * 要予約

木の器づくり体験
~木地師さんに学ぶロクロ技術~
木地師による説明に始まり、無垢の木から木工ロクロをくるくる回して削り出して、一枚のお皿を仕上げていきます。木が器になっていくのをご覧いただくとともに、ぜひその工程を体験ください。小学校高学年から楽しんでいただけます。
協力:旭機械 / 地域環境デザイン研究所 ecotone / 日本木地師学会

日時:1 月23 日(土)
11:00~12:30 / 14:00~15:30
参加費:無料 * 要予約

場所:京都ペレット町家ヒノコ中京区寺町通二条下ル榎木町98-7
参加申込:TEL. 075-241-6038 E-mail. kyoto-pellet@hibana.co.jp

主催:京都ペレット町家ヒノコ

11215844_899671273480214_4736009564847986414_n
Table For Life ~ちゃんと食べて考える、これからのこと~

毎日忙しくて消費している生活に一歩足を止めて、何が幸せな暮らしや働きなのかを食べながら考えるワークショップイベント。京都で採れた美味しい食材のおいしいごはんを一緒にたべたり、暮らす場所として田舎を選んだ人、田舎で新しい事を作り出している人の声を聞きながら、他の方の暮らし方に触れて自分自身の暮らし方を考える機会です。

日時:1 月27 日(水)19:30 ~ 21:30

場所:utaripe (中京区西ノ京職司町67-15 1/8bldg. 4F )
参加費:1,500 円 *要予約
参加申込はFBページから

主催:京都移住計画× ローカルキャリアカフェ
後援:京の田舎暮らし・ふるさとセンター

aeru

0から6歳の伝統ブランドaeru gojo直営店“特長品”販売会

伝統産業の職人と、0~6 歳向けのオリジナル日用品を生み出し
ているaeru。土の状態により黒点があるコップや、少し大きい
器等、正規品にはなれない個性豊かな“特長品” を、2 割引で販
売します。自然の恵みをいただき、職人が心を込めて作った商品
をぜひご覧ください。

日時 : 1 月16 日(土)~1 月31 日(日)10:00~18:00(水曜定休)
場所: aeru gojo(下京区松原通室町東入玉津島町298)
お問合せ:TEL : 075-371-3905(営業時間内)

主催:株式会社和える


SOCIAL NETWORK

SILKのソーシャルアカウント

ARCHIVE

  • これからの1000年を紡ぐ企業認定
  • KYOTO SOCIAL PRODUCT MAP